オリオン座

どうも、宇宙よっしーです。帰宅時、丁度いいところにオリオン座が輝いています。思わず立ち止まって眺めたくなるけど、寒いのでさっさと帰ります。

オリオン座のα星ベテルギウスは寿命を迎えようとしている赤色超巨星で、いつ最後の爆発をしてもおかしくない状態と言われています。

ただしあくまで天文学的スケールの話なので、その「いつ」は明日かもしれないし100年後かもしれないし1万年後かもしれません。宇宙レベルではそんな時間の違いに大した意味などないのです。

宇宙の中で僕らは塵にも等しい存在です。悩みや不安も些細なものです。実際塵なのです。そう思うことにしています。

でもだからこそ無限とも言える時空の中でこの一瞬の瞬きを共にしていることは、それだけでとてつもない奇跡です。言うなれば人生はあの日見上げた流れ星のようなものです(謎)きっしーさんに倣い詩的にまとめてみました。

ちなみにもしもベテルギウスの超新星爆発を観測できたとすると、数カ月間は昼の空でも見える明るさになると言われています。青空に一点輝く星が出現するのです。余程幸運でない限り目にすることは出来ないでしょうが、実際起これば間違いなく史上最大規模の天体現象です。あ~見たい。爆発しろ!

冬は一等星が多く空気も澄んでいるので、寒ささえ我慢すれば天体観測に適した季節と言えます。遥かな宇宙に想いを馳せ、皆さんも星空を眺めてみてください。