お客様各位

いつもご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

この度の西日本を中心とした大雨の影響による高速道路の通行止めなどの交通障害の影響で、全国的にお荷物のお届けに遅延が生じる可能性がございます。
http://www.kuronekoyamato.co.jp/

お客様にはご迷惑をお掛けいたしますが、何とぞご了承いただきますようお願い申し上げます。

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

検索条件

SHOPで探す

vol.1 養父医者の解

vol.1 養父医者の解

やぶ医者」の語源と言われるものは複数あります。
『風邪が流行った時だけ患者が多い→風が吹くと藪が動く→藪医者』
と、言うのが一般的な説。

しかし、語源をもっと深く調べていくと一般的な説とは違い、しかも養父市と関係するお話の存在が見え隠れします。


春歌亭丹馬(しゅんかてい・たんば)さん。
養父市内の県立高校生物教諭。生徒に大変人気のある先生でありながら、但馬を中心に活動されているアマチュア落語家。

春歌亭丹馬さんが養父市大屋町で平成21年に公演された演目「夏の医者」のマクラの中で
”養父市内のごく一部で信じられている”と表現されている説を詳しく調べると、養父市との関係が見えてきます。

時はさかのぼって江戸中期。
松尾芭蕉の門弟、森川 許六(もりかわきょりく)が編纂した「風俗文選」(ふうぞくもんぜん)という俳文集があり、この中にやぶ医者に関する一節があります。


「世に藪医者と号虎するは、本名医の称にして、今いふ下手の上にあらず」


実は「風俗文選」の中で、やぶ医者に言及したのは許六ではなくその門弟で、許六と同じく近江彦根藩士の「文村」という人物。
なぜ、文村(ぶんそん)が養父の事を知っていたかは、文献からは読み取れませんが、この一節を意訳するとこのようになります。


「世間一般で”藪医者”と言っているものは、本来は名医を表現する敬称であって、今言っている下手な医者の事ではない」
兵庫県但馬の「養父」という所に、隠れるようにして治療を行っている名医がいた。
施した治療で得た糧を、貧しい人達への薬代にするなど多くの人に慕われ評判が非常に高かった。
この評判を聞いた多くの医者の卵が医術の習得に来る。



そもそも「養父医者」は名医だった
今で言う口コミで「養父医者」は”名医の代名詞”として広まっていったのでしょうが、ブランドを悪用するヨコシマな医者によりいつしか「養父医者」はへたを意味する「藪医者」にすり替わってしまった・・・
ということでしょうか?

なぜ「文村」が藪医者の解を書いたのかは、芭蕉が亡くなった後、芭蕉流の名を語るふとどき者が増えたのを嘆き
「養父医者の物語」と重ね合わせて批判したという訳があるようです。


ちなみに、
藪医者を「竹斎」と言う名前で初めてキャラクター化したのは、伊勢出身で京の名医、富山道冶(とみやまどうや)という人。
「時世の名医とされているが、実は無学な医者」を風刺した物語で


京の藪医者竹斎が
「天下一の藪医者竹斎」と看板を掲げ、治療を施す。



この一文からも、開業をするのにわざわざ悪い評判を看板に掲げるはずは無いですから、やぶ医者は元々、名医の看板だったのではないかと想像する事が出来ます。


実は・・・松尾芭蕉もこの「竹斎」の愛読者であったようです。

春歌亭丹馬  「夏の医者」
第3回 落語 in おおや 全国素人名人会
平成21年8月1日/おおやホール


※記事ご協力
春歌亭丹馬様

定期公演の落語会
「たんたん落語会」(年2回)
「ふれ愛亭」(年2回)
「落語inおおや!全国素人名人会」(年1回)
「丹馬とその仲間たちの落語会」(年1回)
「八鹿病院寄席」(年6回)   ほか 

■春歌亭丹馬 公式HP
http://tan-tan-tanba.com/

※参考文献
・「風俗文選」岩波書店
・「江戸の笑い」明治書院
・「せんせん」~芭蕉・五老井の流れ~朱鳥社
・Wikipedia
(※注)藪医者の解の著者:文村 ぶんそん (正しくは、三水偏に文。旧漢字の為、文とさせて頂きました)

Profile

パッチワークコラム



やぶらぶスタッフが、独自の視点で調べたものや
色んな方にお話をお伺いしたものを繋ぎ合わせ
オリジナルの見解を加えてコラムを作成しています。


お買い物はいかがでしょうか?

養父市のがんばる企業の商品を買って地元を応援しよう。

お電話でのご注文も承っております。詳しい注文方法はこちらから。
079-662-8334
受付:9:00~17:00 (平日)